穴蔵

熊井トンネル

明治38年(1905年)12月に工事が完成し、長さ90メートルあり「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものぢゃのう」と言った人があるという。
レンガは佐賀港から1個1銭の運び賃で小学生などが1~2こずつ運び、熊井側入口の石張は2人の職人が右と左にわかれ腕前を競ったという。
昭和14年(1939年)までは県道として利用され、現在はわずか土地の人の通行に利用されているのみである。
延長 : 90 m
備考 :